雨の日はネットショップ売上アップのチャンス!?

ネットショップで売れるものといえば、定番のものだったりテレビや雑誌などメディアで取り上げられてものなどがありますが、
一年を通して季節や時期などによっても左右されたりします。

 

そんな中、梅雨の時期や雨が振った日はネットショップ売上が伸びる!?というのをご存知ですか?
これはあるアンケート結果を元にしていますが、約1000人の方に雨の日の過ごし方を聞いたところ、
50%の人達がインターネットをすると回答したそうです。

 

雨の日のネットショップ利用者率

 

そして、インターネットで何をするかを聞いたところ、なんと55%の人達がネットショッピングをすると回答しています。
ちなみに、それ以降は動画サイトを観たり、SNSやオンラインゲームだそうです。

 

このことから見てとれるように、雨の日は急用がない限り多くの人が外に出るのはおっくうになりがちで、
室内で過ごす時の手段としてインターネット(ネットショッピング)が多く利用されているので、
ネットショップを運営されている方は売上アップのチャンス到来というわけですね。

 

例えば、天気予報をマメにチェックしておき、雨が振りそうな日に対して、雨特集だったり雨企画をショップ上にうたって、
販促してみるのもアリだと思います。訪問者さんからしてみたらリアルタイムの出来事なので親近感もわきますし、
ネットショップ自体もひと気という意味で動きがあるショップになりますよね。

 

こういった天候や季節に合わせたネットショップマーケティングを活用してみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

 

雨の日はネットショップ売上アップのチャンス!?関連ページ

介護用品を販売するネットショップも増えてきている?
ネットショップでモノを販売する場合、洋服や雑貨、インク、インテリアなど、さまざまな商品が取り扱いされていますが、医療関係の商品などもネット通販で見受けられます。 以前からありましたが、薬品などはネットで販売することは厳しくなっており、徐々に薄れている傾向もありますが、介護関係の商品やアイテムなどは増えてきているように感じます。
フレッツ光→au光へ契約変更 ニフティさんに問い合わせてみました。
私は現在フレッツ光に契約しており、インターネットや電話もフレッツ光回線を利用しています。またプロバイダはniftyさんです。ニフティさんはauひかりに対応しています。今回、そのフレッツ光からauひかりに変更手続きをしようと思い、詳細を聞くべく電話で問い合わせしてみました。
AUひかりに変更したらインターネットが接続できなくなった!?
工事日を迎え、業者の人がルーターなどを取り替えてくれました。 「特に設定などせずインターネットは使えますので」ということだったので、良かったと思い一時間後にインターネット使おうと思いパソコンを開きました。 どれくらい読み込み速度など変わったかな~
auひかりネット繋がらない!?とりあえずサポートに電話してみました
auひかり回線に変えたらインターネットが繋がらない事件です。ん~どうしたものかと。 とりあえず、ルーターやモデムのランプが正常なものになっているか、説明書を確認しながらチェックしました。 このランプの色は正常な色を示しており問題はありませんでした。
auひかり 無線(ワイファイ)が繋がらない!?再起動をかけてみよう!
確認後、このあたりは何の問題もないことが改めてわかり、再起動をかけてみることになりました。ちなみに、私の場合、有線と無線の両方共つかえない状況でした。すると、再起動後、有線のほう(LANケーブルに接続されているPC)がネット接続できるようになりました。
失敗は恐れない!?素人が考えてはじめたネットショップの経営のお話
円高のお蔭で海外からの個人輸入で得をした経験から、ビジネスに利用できると考えてネットショップの経営を始めたのです。ネットショップの場合自分の空き時間を利用できるので会社勤めをしていても対応可能ということも経営に踏み切ったきっかけです。
ネットショップで何を売るかはとても重要です。
ネットショップで何を売るかで当然のことですが売上が変わってきます。ネットショップを始めるからにはもちろん売れる商品を取り扱う必要があります。ニッチな商品やサービスなどでターゲットを絞っていく戦略もありますが、それらの場合、売上に限界が生じてくるわけです。
大学生が起業をする方が増えてきましたね。
ここのところ以前に比べ、学生の方が起業している傾向が見受けられます。学生の時期から独立して仕事をしたり、会社を立ち上げたり、そういった将来設計をされる人が増えてきているんですね。
これからネットショップを始めるならどんなお店が良い?
ネットショップをこれから開業するにあたり、まずどんな商品を販売しどんなお店にするかというところではないでしょうか。 この基盤となる部分が決まっていないと先に進むことはなかなかできません。