綺麗でわかりやすい商品画像について

訪問者が共通として求めている事とは(商品画像)」の続きです。

 

「綺麗でわかりやすい商品画像」とはどういったものになるのでしょう。
(ネットショップ初心者の方向けにお話を進めています)

 

わかりやすくてグッドな商品画像

 

実は、いたってシンプルで簡単なものになります。

 

  1. ボケていない商品画像(劣化も含む)
  2. 明るめの商品画像

 

主にこの2つです。

 

これだったらネットショップを開業したばかりで他の業務に追われる人や副業でネットショップ運営をされている方でも十分に対応できます。

 

 

この辺りの作業は、外注などにお任せするといった方法もあります。
予算上、問題ない方はそれでも宜しいかと思いますが、個人のレベルで出来る範囲のことは自分自身でやられたほうがコスト的にもやさしいですし、
よりネットショップ運営を知ることができると思います。

 

 

次回は、「1」と「2」について少し詳しくふれていきます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

 

ネットショップ 初心者が抑えておきたい商品画像作成のポイントとは関連ページ

商品画像の見せ方について
ネットショップ商品登録時の商品画像ってどんなものがいい?どんな写真や画像が良いのでしょうか。初めての方は悩みところかと思います。 そのせいで余計に時間を取られてしまったり。訪問者様が求めていることを…
訪問者が共通として求めている事とは(商品画像)
ネットショップに訪れたお客様が商品画像を見た際に、どんな事を考え、どんな風に感じるているのか。またどのような商品画像が良い印象を与え売れやすいのか。初心者向けに説明しております。
商品画像のボケはNG?!
ネットショップ商品画像を登録する時に、写真がボケてしまっていたりする場合があります。 わからない程度のボケなどは構いませんが、商品画像はお客様が一番目を通すところと言っても過言ではありませんので、修正してあげることが望ましいです。原因にはさまざまな理由が考えられますが、ひとつは商品画像の撮影時にピントが合っていない…
ネットショップ 商品画像は明るめに
商品画像は売上に直結する部分なので明るくしましょう。最近少なくなってきましたが、たまにまだ見かけるのが、暗めの商品画像です。 商品画像が暗かったりすると、なんだかパッとしないイメージに繋がってしまいます。